A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

学資保険の受取人は誰がいいの?

学資保険は、被保険者は必ず子供となりますが、契約者と保険金受取人は子供と一定範囲内の親族関係にあれば誰でも就くことができます。保険金受取人は契約者とその親族が話し合って決めることになるのが一般的ですが、誰を受取人にすれば良いのかはケースに応じて異なります。

例えば、学資保険おすすめの保険契約者が父親か母親のいずれかであれば、保険金を受け取る人は契約者本人か配偶者のいずれかにするべきでしょう。そもそも学資保険は、子供が成長して高校や大学に進学・在学をするときに必要となるお金を確保するために入る保険であるため、病気などのやむを得ない理由がある場合を除けば、家族以外の親族を受取人にするのは趣旨に反します。

近年は被保険者から見て祖父母にあたる人が学資保険の契約者となるケースも少なくありません。このような場合の受取人は、父親か母親のいずれかになるのが一般的です。ただし、契約者と受取人が異なると、保険金を受け取る行為は贈与とみなされ、受取人に贈与税の納税義務が発生します。贈与税には110万円の基礎控除枠がありますが、学資保険の満期金はプラン次第でこの基礎控除額をはるかに上回ります。満期金の受け取りと贈与税の関係には十分に注意しましょう。

また、祖父母が学資保険の契約者となるケースの中には、子供の親が2人とも病気や事故などで死亡しているケースもあります。この場合、保険金を受け取るのは祖父母か子供のどちらかになりますが、祖父母が受け取った場合は保険金は一時所得とみなされて所得税の課税対象となり、被保険者である子供が受け取った場合は子供に贈与税の納税義務が生じます。どちらを選択すれば良いかはケースによって異なるので、事前によくシミュレーションをしてから受取人を決めましょう。